トーマス
スポンサードリンク

2007年04月12日

きかんしゃトーマスの作者について

きかんしゃトーマスの作者、ウィルバート・オードリーは、イギリスのハンプシャー州ロムゼーで国教区牧師の息子に生まれました。少年時代に住んでいたウィルトシャー州ボックスの牧師館近くのグレートウェスタン鉄道(パディントン・ブリストル間)を通じて鉄道愛好家になりました。。文学を学ぶためオックスフォード大学で進みますが、やっぱり聖職に就く事に決め神学も学ぶます。一旦イスラエルで教職に付き、そこでマーガレット・エミリー・ウェイルと出会い結婚を誓います。1936年帰国して牧師となり、1938年に帰国したマーガレットと結婚、1男2女を儲けました。
 1942年に息子クリストファーが「はしか」にかかっていたとき、自らが少年時代に想像した機関車たちが感情を持って話をする物語を語って聞かせました。いくつかのエピソードを話すうちに、詳細な点の矛盾をクリストファーに指摘されないようにメモ書きを作り出したのがきっかけで、物語は書きとめられることになりました。それを妻のマーガレットが出版するように勧めました。1945年5月最初の本「三だいの機関車」がフランクリン・エドモンド・ウォードの出版社から出版されました。挿絵は専門の挿絵画家が担当しました。翌年「機関車トーマス」が出版されると以後「汽車のえほん」としてシリーズ化してほぼ1年に1冊づつ出版されました。1965年には牧師の仕事を引退しました。
1972年に「泉は枯れた」と語って26番目のほんの出版を最後に一旦シリーズは終了しました。その後、1984年にブリット・オールクロフトによるテレビシリーズ化(きかんしゃトーマス」)と連動して
1983年からウィルバート・オードリーの息子クリストファー・オードリーに続編の執筆・出版をさせました、1996年までに14冊の続編が書き継がれました。「汽車のえほん」シリーズとは別に1987年9月にはソドー島の歴史・地理学・言語・産業・地質学等を記した「THE ISLAND OF SODOR」(本邦未訳)を弟のジョージとの共著として出版しました。また当時タリスリン鉄道等の保存鉄道のボランティア活動にも献身的に参加した事でも知られ「汽車のえほん」シリーズにも多く描かれています。1989年に妻マーガレットが他界しました。1995年は「三だいの機関車」出版から50周年の年であることから、ヨーク国立鉄道博物館で記念展示会がひらかれました。そして文化人や偉人の名前を命名しているクラス91型電気機関車シリーズの91024号機(現在91124号に改番)がレヴランド・W・オードリーと命名されました。同年10月にはブライアン・シブリーにより伝記「The Thomas the Tank Engine Man」(本邦未訳)が出版されました。翌年の1996年には、大英帝国4等勲士に叙せられましたが、体調が悪くなった為ロンドンには行きませんでした。そして、そのまま1997年3月21日グロスターシャー州ストラウドの自宅にて安らかに永眠しました。85歳でした。

posted by トーマス at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

トーマスのモデルの鉄道について

きかんしゃトーマスに登場する「鉱山鉄道」のモデルは「タリスリン鉄道」でイギリスのウェールズはタウインに実在する鉄道である。線路も車両も通常の鉄道より小さく、軌間が686mm(2フィート3インチ)しか無いため、このサイズの鉄道は軽便またはナローゲージと呼ばれる(原作10巻の日本語版では「線路の幅が1067mm以内のもの」と説明されているが、これは日本では旧国鉄在来線の1067mmより狭い場合のみを「ナローゲージ」と呼ぶ場合が多いためである。イギリスをはじめ、国際的な基準では1435mmに満たなければすべて""narrow gauge""(狭軌)であるため、1067〜1434mmでもナローゲージとなる)。
タリスリン鉄道は輸送量の減少に伴い、一度は廃止の方向をたどったが、この時イギリス中から鉄道ファンが集まり、イギリスで初のボランティアによる保存鉄道となった。
なおタリスリンの「スリ」は、(無声歯茎側面摩擦音)というウェールズ語に独特の発音で、これは[L]を無声音(清音)で発音する、多くの日本語話者にとって大変難しいものである(タリヒンと表記される事もある)。聴覚印象は「シ」に近い。当時の原作の訳はカナ書きのタリリンであり、他のメディアでもそれが一般的だったが、汽車のえほんでも2005年からの新版ではタリスリンに修正されている為、現稿ではタリスリンで統一した。タリスリン鉄道の保存にはウィルバート・オードリー牧師も協力しており、その縁から「汽車のえほん」へ、スカーローイ鉄道としての出演が決まったと考えられる。今風に言えば、一種のメディアミックスであったとも言える。
初登場は10巻「四台の小さな機関車」で、以後出演頻度が徐々に増えて行った。原作における登場巻情報は「汽車のえほん」を参照。なお変わった所では12巻3話「じゅうれん」の最後の挿絵にも、車掌車(多分ベアトリス)だけが少し出演している。これはその話のラストシーンが工場のある駅で、局長の鉄道とスカーローイ鉄道が接続しているからである。この話は人形劇にもなっているが、そちらでは取り立ててこのシーンは忠実に映像化されていない。この他に18巻でもラスティーが台詞のみ言及。
人形劇では当初、車両が小型という難点もあったのか、原作を消化する際に飛ばされていたが、1995年の第4シーズンから「こうざんてつどう(鉱山鉄道)」の名で登場した。原作のスカーローイ鉄道が人形劇でどの話に登場したかは「きかんしゃトーマス 原作と人形劇」を参照。原作に無いオリジナルエピソードは「きかんしゃトーマス シーズン毎制作史」に記されているが、どの話に鉱山鉄道が登場したかの情報は現版には無く、サブタイトルでわかるものを判断するしか無い。

出展 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%86%E3%81%96%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%81%86%28%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A4%E9%89%84%E9%81%93%29
posted by トーマス at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

トーマスランドについて

富士急ハイランド内にあるトーマスランドには楽しい乗り物がいっぱい!
ほとんどの乗り物が幼児でも乗れるので家族連れには嬉しいテーマパークです。
入口のゲートをくぐると、「きかんしゃトーマスと仲間たち」の世界にいるような気分になれます。
テーブルやイスもたくさん設置されているのでお弁当を持ち込んでゆっくり過ごすこともできますし、
K’sトーマスカフェでおいしいランチやおやつも食べてもいいです。
ステーションショップにはここでしか手に入らない素敵なトーマスのキャラクターグッズやお菓子などを売っていて
子供だけでなく大人も十分楽しめます。
そして、トーマスランドフォトショップではトーマスと一緒に写っているシールやマグカップをその場で簡単に作れちゃうので
トーマスランドに行った記念にぜひ!!遠くから遊びに来たご家族にはホテルハイランドリゾートのトーマスルームの宿泊がおすすめです!
トーマスのベットカバー、クッション、壁紙までトーマスと仲間達でいっぱいのお部屋です。
一日トーマスの世界で過ごせばお子さんも文句なしに笑顔満点です!!


posted by トーマス at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

きかんしゃトーマスについて

子供たちに大人気の“きかんしゃトーマスとなかまたち”の生い立ちは、今から60年前の絵本にさかのぼります。原作者であるイギリスの牧師 ウィルバート・オードリー(The Rev Wilbert Awdry)は、子供たちに夢を与えたいという思いから絵本の執筆を手がけ、たくさんの作品を残しています。中でも1945年に出版された“トーマス”の登場する「The Railway Series」はベストセラーとなり、彼の代表作となりました。
それから、約40年。著名な映像プロデューサーである ブリット・オールクロフト(Britt Allcroft)は、蒸気機関車のドキュメンタリー番組制作中にオードリー牧師と会う機会を持ち、彼女自身も幼少のころ親しんだ「The Railway Series」を映像化することを思い立ちます。そして、彼女によって、モデルアニメーション化され、1984年にイギリスにおいてテレビスクリーンに登場した“きかんしゃトーマスとなかまたち”は、当初より、イギリスはもちろんのことヨーロッパ各地、オーストラリア、アメリカ、アフリカなど世界中の子供たちとその親たちの心をとらえました。
日本においては、1974年に「汽車のえほん」として出版が始まり、ロングセラーシリーズとして刊行が続き、その他の絵本や雑誌の連載も人気を集め続けています。
そして、“きかんしゃトーマスとなかまたち”は、1990年フジテレビの子供番組「ひらけ!ポンキッキ!(現 ポンキッキーズ 21)」で初放映され、またたくまに大きな人気を集め、その後、現在にいたるまで継続して放映されています。
その“きかんしゃトーマス”は、テレビの映像やビデオ、絵本としてだけではなく、玩具、アパレル、食品、日用雑貨、ギフト用品といったさまざまな良質のライセンス商品の展開や、イベントの実施、ミニテーマパークの運営、レベルの高いプロモーション活動などによって、世界中で愛され、良質のロングセラーキャラクターとしての地位を確立させています。
これまでロンドンをはじめ、イギリス国内で上演されていた「THOMAS the TANK ENGINE 〜きかんしゃトーマスとなかまたち〜」は、2002年に幕が開き、これまで27万人の動員を記録した大ヒット・ミュージカル。この夏、東京・お台場で海外初公演として上演を行います。本物さながらの「トーマス」、「パーシー」などのおなじみのきかんしゃたちがステージ上を駆け回り、楽しい歌とともにストーリーが展開されます。もちろん、上演は日本語での吹き替え版。TVシリーズで親しまれているおなじみの声で物語は進行します。
posted by トーマス at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

きかんしゃトーマスのキャラクター

●蒸気機関車
・トーマス
・ゴードン
・トビー
・エドワード
・ジェームス
・ダック
・ビルとベン
・スペンサー
・マードック
・ヘンリー
・パーシー
・ドナルドとダグラス
・ステップニー
・ファーガス
・エミリー

●ディーゼル
・ボコ
・メイビス
・ハリーとバート
・ディーゼル
・ディーゼル261
・ソルティー
・デイジー
・デリック

●客車・貨車
・アニーとクララベル
・トード
・いらずら貨車
・ヘンリエッタ
・スクラフィー
・オールド・スローコーチ
・いじわる貨車

●高山鉄道の機関車
・デューク
・スカーロイ
・ラスティー
・サー・ハンデル
・レニアス
・ピーター・サム
・ダンカン
・テレンス
・オリバー
・ケリー
・マックス
・ジョージ
・アルフィー
・イザベラ
・ネッド
・ジャック
・バイロン
・サンパー
・クランキー

●車・バス・牽引車
・バーティー
・エリザベス
・トップハム・ハット卿のセダン
・バルジー
・ソドー・メールバン
・ブッチ
・キャロライン
・ローリー
・トレバー

●人物・飛行機・船
・トップハム・ハット卿
・タイガー・モス
・トップハム・ハット卿の奥さん
・バルストロード
・ハルロド

●きかんしゃトーマス魔法の線路 劇場版
・レディー
・スプラッター
・ディーゼル10
・ドッチ
posted by トーマス at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記